ニュース

News

2019年9月7日

【みずほフィナンシャルグループ/情報流出】J-Coin Pay加盟店法人等の個人の情報/10,539件流出の可能性

【みずほフィナンシャルグループ/情報流出】J-Coin Pay加盟店法人等の個人の情報/10,539件流出の可能性/piyolog/9月5日

流出の可能性がある情報

不正アクセスにより外部への流出の可能性が否定できないとして以下の情報が影響を受けたと発表。

①J-Coin Pay加盟店法人等の情報 7,930件
②J-Coin Pay加盟店法人等の個人の情報 10,539件
③J-Coin Pay参画の金融機関名 32件

①、➁の情報には次のものが含まれていた。

  • 企業名

  • 代表者氏名

  • 連絡窓口担当者氏名

  • 住所

  • 電話番号

  • メールアドレス

  • 一部代表者の生年月日

※ここまで

本インシデントは「ビットコインの要求があって」不正アクセス事案と確認した、とのことです。

ついに日本でも始まったか、という印象です。

米国方面でランサムウェア(人質型ウィルス)が少し前から流行しています。

8月期目ぼしいところでは以下など。

①400カ所以上の医療機関が一斉にランサムウェア被害に遭う事件が発生/Gigazine/8月30日

②米テキサス州の20以上の市が「ランサムウエア」に同時感染/日経BP/9月3日

③5億6000万円ものランサムウェア身代金を突っぱねて自力で問題を解決した自治体が現る/Gigazine/9月6日

特筆すべきは③の事案で、やはり「データバックアップあるから大丈夫だった」というケースですね。

人間の誘拐(人質)だとこうは行きませんが、データはバックアップが可能です。

データバックアップとセキュリティ対策、合わせてお願い申し上げるものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems