ニュース

News

2019年7月23日

【ファーウェイ/北朝鮮】ファーウェイ、北朝鮮の無線通信網構築を極秘に支援

北朝鮮から飛翔体が当り前のように飛ぶ昨今ですがファーウェイさん周りでもニュースです。

※ファーウェイ、北朝鮮の無線通信網構築を極秘に支援/ロイター/7月22日

[ワシントン 22日 ロイター] – 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が北朝鮮の商用無線通信網の構築・維持を極秘に支援していたと、米紙ワシントン・ポストが22日、社内文書や関係筋の話として報じた。

報道によると、ファーウェイは少なくとも8年間にわたり、北朝鮮の複数プロジェクトで中国国営企業と提携。自社部品に米国の技術を用いるファーウェイにとって、北朝鮮への機器提供を巡る米国の輸出規制に違反する可能性があるという。

※ここまで

先日ファーウェイさんからは「バックドアを仕込まないことを、各国当局との合意書に署名する」との声明が発表されたばかりだったのですが、米中経済戦争は大統領のリップサービスくらいでは終わらないようです。

翻ってIT技術やサービスで米国(あるいは中国)と交渉する(できる)材料を我が国が持っているか、と問われるとなかなか苦しい現状です(韓国ホワイトリスト除外の「材料」のレイヤーは別)。

「交渉材料」となりうる産業や技術について、死守・創造が重要かと思料するものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems