ニュース

News

2016年9月23日

【情報流出】米ヤフーで5億件情報漏えい、過去最大級の可能性/国家関与のサイバー攻撃か

米インターネット検索大手ヤフー(YHOO.O)は22日、2014年に少なくとも5億人のユーザーに関する情報が盗まれたことを明らかにした。国家の支援を受けたハッカー攻撃との見方を示している。

流出したとみられるデータは、氏名や電子メールのアドレス、電話番号、生年月日、暗号化されたパスワードなど。保護されていないパスワードや決済カード、銀行口座などの情報は含まれていないもようと説明している。

サイバー攻撃による情報流出として過去最大となる可能性がある。

ヤフーがいつ、情報流出事件を認識したのか、事件を公表するまでになぜ2年間もかかったのかについては、現時点では明らかではない。

米情報当局の関係者は、匿名を条件に、ロシアの情報当局が関与、もしくは指示した過去のハッカー攻撃と似ている、との見方を示した。

ロイターさんより抜粋

ヤフージャパンは「独自運営であり利用者への影響は発声していない」と発表をしています。

引き続き本件へ注視して参ります。

 

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems