ニュース

News

2019年3月23日

【欧州委/ファーウェイ(華為技術)排除せず】データ共有提言へ=関係筋

3月22日、ロイター発表。ファーウェイ問題(米中冷戦問題)続報です。

※欧州委、5Gからファーウェイ排除せず d-他共有提言へ=関係筋/ロイター

[ブリュッセル 22日 ロイター] – 欧州委員会は来週、欧州連合(EU)加盟国に対し、次世代通信規格「5G」ネットワークに関連するサイバーセキュリティーリスクに取り組むため、より多くのデータを共有するよう提言する。また、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の排除を求めず、各国の国家安全保障上の判断に任せる見込みという。

※ここまで

もちろん「現実問題として」あるいは「ポジショントークとして(地政学的に)」第3の発言勢力が本件について存在することは重要です。

一方米国は強硬姿勢を崩しておりません。

※独との情報共有制限も=ファーウェイ採用なら-米紙/時事ドットコム

【ニューヨーク時事】11日の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、トランプ政権はドイツ政府に対し、次世代通信規格「5G」網の構築で中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の製品を排除しない場合、安全保障上の情報共有の制限に踏み切ると通告した。

※ここまで

米国のおっしゃることはその通りではあると思います。

米中冷戦における日本の位置は地政学的にみても米ソ冷戦時と比べ物にならないクリティカルな状況です。

ソフトバンク社のファーウェイ製アンテナ問題はどうなるのか。

今後の我が国の動向についてこちらでもまた情報共有したいと考えるものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems