ニュース

News

2020年1月6日

【空自/改称検討】空自を「航空宇宙自衛隊」に改称検討 政府、新領域の防衛強化

本件周りで年末も、自民党さん本部へ当社代表が伺っております。

※空自を「航空宇宙自衛隊」に改称検討 政府、新領域の防衛強化/産経/1月5日

政府は、航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する検討に入った。従来の陸海空に続いて安全保障上重要な新領域と位置づける宇宙空間での防衛力強化を図る狙いがある。令和5年度までの改称を目指し、自衛隊法など法改正の調整を始める。陸海空3自衛隊の改称は、昭和29年の自衛隊創設以来初めて。

※ここまで

自民党におけるMTGは「宇宙予算と量子暗号技術」についてだったようです。

中国は2022年までに現在の国際宇宙ステーションよりも大きな宇宙ステーション「天宮」を完成させる予定です。

宇宙衛星は(量子暗号)通信における非常に重要な役割を持つため、そのあたりの防衛についても予算を付けて実際に対応しなければならない時代に入った、といったことが言えるかと思います。

また開示できる情報はこちらにても展開してゆく予定です。

※防衛案件は昨年から並行してご相談を多数いただいております。

令和二年が明けました、本年が平和な1年となりますように祈念するものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems