ニュース

News

2021年8月20日

【JTB/不正アクセス】JTB、旅行者の氏名など4900件が流出した可能性 海外グループ会社のサーバに不正アクセス

※JTB、旅行者の氏名など4900件が流出した可能性 海外グループ会社のサーバに不正アクセス/ITmedia/2021年8月18日

JTBは8月18日、米JTB Americasなど海外のグループ会社3社が共同で使っていたサーバが不正アクセスを受け、日本からの旅行者の情報4921件が流出した可能性があると発表した。

流出した可能性があるのは、2012年1月から20年6月にかけて、パッケージツアー「ルックJTB」で米国(ハワイを除く)やカナダに旅行した人の氏名2525人分(ローマ字表記)と、JTBの会員制サービス「RAKUなびサポート」に登録していたユーザーのメールアドレス2396件。氏名とメールアドレスは別々に保管していたため、それぞれのデータはひもづいていなかったとしている。

※ここまで

サーバへの不正アクセスによる情報漏えいの報道が増えている印象です。

外部公開サーバへの不正アクセス対策には当社製品「イージス」が有効です。

お取引先様や関連会社様で、まだ対策をされていない企業様がいらっしゃいましたらお声がけ頂けますと皆様のリスクも軽減できるかと思料するものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems