ニュース

News

2022年4月27日

米国当局、サイバー攻撃に悪用されている脆弱性トップ15公開、ただちに確認を

よく悪用されている脆弱性の発表がありました。ご確認ください。

※以下、記事引用

※米国当局、サイバー攻撃に悪用されている脆弱性トップ15公開、ただちに確認を/マイナビニュース/2022年4月26日

米国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA: Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)、アメリカ連邦調査局(FBI: Federal Bureau of Investigation)、米国家安全保障局(NSA: National Security Agency)、オーストラリアサイバーセキュリティセンター(ACSC: Australian Cyber Security Centre)、カナダサイバーセキュリティセンター(CCCS: Canadian Centre for Cyber Security)、ニュージーランド国立サイバーセキュリティセンター(NZ NCSC :New Zealand National Cyber Security Centre)、英国立サイバーセキュリティーセンター(NCSC: National Cyber Security Centre)は4月27日(米国時間)、「2021 Top Routinely Exploited Vulnerabilities|CISA」において、日常的に繰り返し悪用されている脆弱性トップ15を伝えた。

これら脆弱性は公共から民間企業まで幅広い業界を狙って繰り返し悪用されているとして、注意が呼びかけられている。

本アラートで指摘されている脆弱性トップ15は次のとおり。

当局らはこれら脆弱性に加えて、2021年には次の脆弱性も日常的に繰り返し悪用されていたとして警戒を呼びかけている。

当局はこうした脆弱性を悪用したサイバー攻撃の被害者とならないよう、使用しているソフトウェアを常に最新版へアップデートすること、サポートが終了したソフトウェアはサポートが提供されているソフトウェアへ入れ替えることを推奨している。また、アップデートの適用などができない場合は、こうしたサービスを自動で提供しているクラウドサービスプロバイダーやマネージドサービスプロバイダーが提供しているサービスへの移行を検討するように求めている。

※記事引用ここまで

弊社WAF製品イージスの月次レポート内の「総括レポート」にて、実際にブロックした脆弱性を突いた攻撃について対処方法を解説しております。

該当する脆弱性がある場合、対応を頂きたいと思料するものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems