ニュース

News

2018年11月22日

【JPCERTCC/注意喚起】Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB18-44) に関する注意喚起

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)から11月21日、「Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB18-44) に関する注意喚起」が発表されています。

脆弱性を悪用したコンテンツをユーザが開いた場合、リモートからの攻撃によって、任意のコードが実行される恐れがあります。

対応としては

①以下URLからのバージョンアップ

②信頼のおけないFlashコンテンツを表示しない

以上2点に尽きます。

※以下、JPCERTCCさんサイトより。ご確認とご対応をお願いします。

I. 概要

アドビから Adobe Flash Player に関する脆弱性の情報 (APSB18-44) が公開されました。脆弱性を悪用したコンテンツをユーザが開いた場合、リモートからの攻撃によって、任意のコードが実行される恐れがあります。脆弱性の詳細については、アドビの情報を確認してください。

アドビシステムズ株式会社
Security updates available for Flash Player | APSB18-44
https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb18-44.html

II. 対象

対象となる製品とバージョンは次のとおりです。

– Adobe Flash Player Desktop Runtime (31.0.0.148) およびそれ以前
(Windows, macOS および Linux)
– Adobe Flash Player for Google Chrome (31.0.0.148) およびそれ以前
(Windows, macOS, Linux および Chrome OS)
– Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (31.0.0.148) およびそれ以前
(Windows 10 および Windows 8.1)

お使いの Adobe Flash Player のバージョンは、次のページで確認できます。

Flash Player ヘルプ
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player.html

III. 対策

Adobe Flash Player を次の最新のバージョンに更新してください。

– Adobe Flash Player Desktop Runtime (31.0.0.153)
(Windows, macOS および Linux)
– Adobe Flash Player for Google Chrome (31.0.0.153)
(Windows, macOS, Linux および Chrome OS)
– Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (31.0.0.153)
(Windows 10 および Windows 8.1)

Adobe Flash Player ダウンロードセンター
https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

ブラウザに同梱されているなど、アドビ以外の配布元より提供される場合には、配布元からの情報に注意してください。なお、次の製品については、アドビ以外の配布元より Adobe Flash Player のアップデートが提供されます。

– Microsoft Windows 10
– Microsoft Windows 8.1
– Google Chrome

マイクロソフト社からは、Windows Update などで最新の Adobe Flash Playerが更新プログラムとして提供されます。

ADV180030 | November 20, 2018 Flash Updates
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/ADV180030

なお、ブラウザ以外にも Microsoft Office のように、Adobe Flash Player を使用するソフトウエアがあります。ブラウザにて Adobe Flash Player を使用していない場合などでも、アップデートを行ってください。

※ここまで

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems