ニュース

News

2015年1月24日

イスラム国からの通信について/軍事・テロ関連のサイバー攻撃

人質のかたの身の安全を考える上で、国家としての振る舞い方が問われる事態になっております。

中東での取材中に、一時、武装勢力に拘束された経験があるという日本人ジャーナリストは、イスラム国などの武装勢力がインターネットを使った情報発信を積極的に行うようになったことで、紛争地域で取材するジャーナリストを取り巻く環境が大きく変わり、危険性が高まっていると指摘しています。

NHKニュースWEBより

テロ組織の動画のアップロードに関しては、既に報道によって行われているところではございますが、やはり送信元を特定されない為のファイルアップローダーの違法利用や、通信発信地(経由地)であるサーバの乗っ取りが日常的に行われている事の証左であると言えます。

現代のテロ組織が狡猾にインターネットを利用する事態になってしまっている以上、「事後」の対応はもちろんですが、「事前」の対応として、自分の(自社・自国の)管理するサーバの安全に関して、各者が責任を持って運営にあたることが、いま問われているように思います。

【その他軍事に関するインシデント】

◆フランスにサイバー攻撃 軍からピザ店まで1万9千件/朝日新聞

◆戦闘機「F35」の機密情報、中国に漏洩か 豪紙報道/日経新聞

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems