ニュース

News

2022年3月1日

【トヨタ/piyolog】サプライヤーのシステム障害によるトヨタ自動車の国内全工場停止についてまとめてみた

※ サプライヤーのシステム障害によるトヨタ自動車の国内全工場停止についてまとめてみた/piyolog/2022年2月28日

2022年2月28日、トヨタ自動車は部品仕入取引先の小島プレス工業のシステム障害を受けて国内の全ライン停止を公表しました。ここでは関連する情報をまとめます。

初めてとみられる国内全工場停止
トヨタが停止対象としたラインは日本国内全14工場、28ラインで国内全工場の停止は初めてとみられる。*1 停止期間は2022年3月1日の1日間(1直・2直とも対象)。トヨタ車を生産するラインのある日野自動車、ダイハツ工業も停止対象の工場が含まれる。さらに北米やアジアなど海外の工場にも影響が波及するかは調査中としている。*2
トヨタ自動車が工場稼働を停止した理由はサプライヤーの小島プレス工業のシステム障害により部品供給が滞ったため。小島プレス工業は車のインテリア・エクステリアに関連する樹脂部品の製造を行っている。*3
3月1日の国内14工場1日間停止による影響は約1万3000台。これは2022年1月の月間生産台数5%に相当する。*4
日野自動車ではトヨタ自動車のラインの他、自社でトラック等の生産を行っている古河工場が停止となる。
トヨタ自動車は3月2日以降1直より全ての稼働を再開すると発表している。*5

※ここまで

本件はサプライヤーの社内システムへの不正アクセスがきっかけとされています。

サイバー攻撃を受けた際に一番の痛手となるのは仕事が止まり、取引先の企業、社員やお客様などに影響がでることかと思料いたします。

サプライヤー様等、取引先様のWebセキュリティ対策にも運用いらずのイージスをお使いいただければと思料するものです。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems