AEGIS

ニュース

News

2018年5月2日

【八千代市・上尾市/不正アクセス】河川水位監視カメラへ不正アクセス、制御不能に

千葉県八千代市、埼玉県上尾市、それぞれ河川の水位監視カメラが乗っ取られて制御不能に陥った模様です。

※八千代1号幹線水位監視カメラへの不正アクセスを確認しました。/25日八千代市

※以下

水位監視カメラへの外部からのアクセスには、パスワード等を設定していましたが、これを解析され、侵入された状況です。
また、侵入者によりパスワード等が変更された為、当局からの水位監視カメラの制御が出来なくなりました。

※ここまで/八千代市

※芝川年下水道鎌倉橋河川監視カメラへの不正アクセスを確認しました。/27日上尾市

インフラと申しますか、ライフライン監視カメラが「制御が出来なくなる」ことは非常にリスキーです。

発電所や航空・鉄道をはじめとした重要インフラに設置されたカメラが乗っ取られて誤った情報を流し始めると大きな混乱・事故へ繋がります。

イージスも「仮想通貨マイニングツール」の埋め込み箇所探索通信を多く検知しておりますが、相変わらず「デバイス乗っ取り(監視カメラ乗っ取り)」攻撃も数の上では上位に入ります。

引き続きまして当該攻撃通信の検知・防御に努めて参りたく思料します。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems