ニュース

News

2019年3月27日

【北朝鮮/ハッキング】国連の対北制裁報告書、コインチェック事件関与に言及

3月26日、ロシアのセキュリティ企業カスペルスキーさんがレポートを発表しています。

※Lazarusは未だ暗号通貨ビジネスをターゲットとしている

 

北朝鮮のハッカー集団「Lazarus-ラザルス-」については、3月8日に国連の北朝鮮制裁委員会から発表があったばかりです。

※国連の対北制裁報告書、コインチェックにも言及

国連の北朝鮮制裁委員会専門家パネルがまとめた報告書は、2018年1月に日本でおきた仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)の巨額流出事件についても触れた。ロシアのサイバーセキュリティー会社の調査を添付資料として掲載し、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」の関与を示唆した。この事件での仮想通貨「NEM(ネム)」の流出額は5億3400万ドル(約590億円)にのぼった。

※ここまで

これは非常にうがった見方をすると

・将軍様の指示によって日本(コインチェック)から600億円が盗まれた

・600億円が新しいハッキングツールやミサイル開発非に化けている

という

「コインチェックNEMが北朝鮮ミサイルに転換の法則」

という極めて悪い冗談が成立しかねません。

対中国、対朝鮮半島を考えた場合に、我が国の政府としてのかじ取りはもちろん、ひとりひとりのセキュリティリテラシーも国防に繋がる可能性がある、と示唆するニュースかと思料します。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems