AEGIS

ニュース

News

2017年12月8日

【東京2020/NICT】実践的サイバー演習「サイバーコロッセオ」の実施について

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)さんから12月7日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連組織のセキュリティ担当者を対象とした、サイバー攻撃に対処できる人材を育成する実践的サイバー演習「サイバーコロッセオ」を、総務省と連携し2018年2月から実施すると発表がされています。

以下、NICTさんサイトより引用します。

※以下

1 サイバーコロッセオ実施計画の策定について
NICTは、高度かつ多様なサイバー攻撃を集中的に受けるおそれがある東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の適切な運営を確保することを目的として、大会関連組織のセキュリティ担当者等を対象とした、高度かつ多様な攻撃に対処可能な能力を有するサイバーセキュリティ人材の育成を行う実践的サイバー演習「サイバーコロッセオ」を、平成30年2月から実施します(※1)。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まで3年を切る中、NICTとしては、必要な能力を備えた人材を段階的・計画的に育成していくことを目的として、関係省庁、関係団体等と協議の上、今般、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたサイバーコロッセオ実施計画」https://colosseo.nict.go.jp/)を策定しました。
※ここまで

当社も2020に向けてNICTさんと暗号通信の実証実験を進めて参ります。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems