AEGIS

ニュース

News

2017年11月10日

【脆弱性情報/JVN】SBI証券のトレーディングツールのインストーラに任意コード実行の脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)から11月9日、「HYPER SBI のインストーラにおけるDLL読み込みに関する脆弱性」

との注意喚起がなされています。

この脆弱性が悪用されると、インストーラを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性があるとのことです。

※以下、JVNさんウェブサイトより対策等抜粋です

概要

HYPER SBI のインストーラには、DLL 読み込みに関する脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • HYPER SBI Ver. 2.2 およびそれ以前

詳細情報

株式会社SBI証券が提供する HYPER SBI はトレーディングツールです。HYPER SBI のインストーラには、DLL を読み込む際の検索パスに問題があり、同一ディレクトリに存在する特定の DLL を読み込んでしまう脆弱性 (CWE-427) が存在します。

想定される影響

インストーラを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性があります。

対策方法

最新のインストーラを使用する
開発者が提供する情報をもとに、最新のインストーラを使用してください。
なお、本脆弱性の影響を受けるのはインストーラの起動時のみのため、既存のユーザは HYPER SBI をアップデートする必要はありません。
また開発者によると、既存のユーザが最新のインストーラを使用し HYPER SBI をアップデートする場合には、事前にデータを引き継ぐための作業をしておく必要があるとのことです。詳しくは開発者が提供する情報をご確認ください。

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
株式会社SBI証券 該当製品あり 2017/11/09 株式会社SBI証券 の告知ページ

参考情報

  1. Japan Vulnerability Notes JVNTA#91240916
    Windows アプリケーションによる DLL 読み込みやコマンド実行に関する問題

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

CVSS v3 CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

基本値: 7.8

CVSS v2 AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

基本値: 6.8

分析結果のコメント

ユーザのシステムを攻撃する目的で作成された DLL ファイルを、攻撃者の意図する場所にユーザが自ら配置することを想定しています。

謝辞

この脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき下記の方が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
報告者: NTTセキュリティ・ジャパン株式会社 磯 侑斗 氏

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2017-10885
JVN iPedia JVNDB-2017-000234

 

※ここまで

本件情報、ご確認とご注意をよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

AEGIS Security Systems © 2016-2017