ニュース

News

2018年8月16日

【JPCERTCC/脆弱性対策】2018年 8月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起

JPCERTCCさんから8月15日、「2018年 8月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」が発表されました。対象となるソフトウェアは以下になります。

・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Microsoft Windows
・Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
・ChakraCore
・Adobe Flash Player
・.NET Framework
・Microsoft Exchange Server
・Microsoft SQL Server
・Visual Studio

脆弱性を悪用された場合、攻撃者によってPCが乗っ取られたりする可能性が発生します。またCVE-2018-8373、CVE-2018-8414の脆弱性について、Microsoft社は「悪用の事実を確認済み」と発表しています。今後の被害を拡大しないために、修正プログラムを至急適用するようお願いします。

※以下JPCERTCCさんサイトより

I. 概要

マイクロソフトから 2018年 8月のセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれています。脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行されるなどの恐れがあります。

脆弱性の詳細は、次の URL を参照してください。

2018 年 8 月のセキュリティ更新プログラム
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance/releasenotedetail/ecb26425-583f-e811-a96f-000d3a33c573

[修正された脆弱性 (深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラムを含む)]
※ サポート技術情報 (Microsoft Knowledge Base, KB) は、深刻度「緊急」のものを挙げています。

ADV180020
2018 年 8 月の Adobe Flash のセキュリティ更新プログラム
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/ADV180020
– KB4343902

CVE-2018-8266
Chakra スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8266
– KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343909

CVE-2018-8273
Microsoft SQL Server のリモート コードが実行される脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8273
– KB4293801, KB4293802, KB4293803, KB4293805, KB4293807, KB4293808

CVE-2018-8302
Microsoft Exchange のメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8302
– KB4340731, KB4340733

CVE-2018-8344
Microsoft Graphics のリモートでコードが実行される脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8344
– KB4343885, KB4343887, KB4343888, KB4343892, KB4343896, KB4343897
KB4343898, KB4343899, KB4343900, KB4343901, KB4343909, KB4344104

CVE-2018-8345
LNK のリモートでコードが実行される脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8345
– KB4340939, KB4343885, KB4343887, KB4343888, KB4343892, KB4343896
KB4343897, KB4343898, KB4343899, KB4343900, KB4343901, KB4343909

CVE-2018-8350
Windows PDF のリモートでコードが実行される脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8350
– KB4343885, KB4343897, KB4343909

CVE-2018-8355
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8355
– KB4343205, KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343898
KB4343900, KB4343909

CVE-2018-8371
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8371
– KB4343205, KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343898
KB4343900, KB4343909

CVE-2018-8372
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8372
– KB4343205, KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343898
KB4343900, KB4343909

CVE-2018-8373
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8373
– KB4343205, KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343898
KB4343900, KB4343909

CVE-2018-8377
Microsoft Edge のメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8377
– KB4343897, KB4343909

CVE-2018-8380
Chakra スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8380
– KB4343909

CVE-2018-8381
Chakra スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8381
– KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343909

CVE-2018-8385
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8385
– KB4343205, KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343898
KB4343900, KB4343909

CVE-2018-8387
Microsoft Edge のメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8387
– KB4343909

CVE-2018-8390
スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8390
– KB4343885, KB4343897, KB4343909

CVE-2018-8397
GDI+ のリモート コードが実行される脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8397
– KB4343674, KB4343899, KB4343900

CVE-2018-8403
Microsoft ブラウザーのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8403
– KB4343205, KB4343885, KB4343887, KB4343892, KB4343897, KB4343898
KB4343900, KB4343909

なお、マイクロソフトによると、CVE-2018-8373 (緊急) およびCVE-2018-8414 (重要) の脆弱性の悪用を確認しているとのことです。また、JPCERT/CC では CVE-2018-8414 の脆弱性を悪用した実証コードを確認しており、任意のコードが実行可能であることを確認しています。セキュリティ更新プログラムの早期の適用をご検討ください。

II. 対策

Microsoft Update、もしくは Windows Update などを用いて、セキュリティ更新プログラムを早急に適用してください。

Microsoft Update / Windows Update
http://www.update.microsoft.com/

Microsoft Update Catalog
https://www.catalog.update.microsoft.com/

III. 参考情報

マイクロソフト株式会社
2018 年 8 月のセキュリティ更新プログラム
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance/releasenotedetail/ecb26425-583f-e811-a96f-000d3a33c573

マイクロソフト株式会社
2018 年 8 月のセキュリティ更新プログラム (月例)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/08/15/201808-security-updates/

マイクロソフト株式会社
Windows Update: FAQ
https://support.microsoft.com/ja-JP/help/12373/windows-update-faq

アドビシステムズ株式会社
Security updates available for Flash Player | APSB18-25
https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb18-25.html

JPCERT/CC
Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB18-25) に関する注意喚起
https://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180033.html

今回の件につきまして提供いただける情報がございましたら、JPCERT/CC までご連絡ください。

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC)
MAIL: info@jpcert.or.jp
TEL:03-3518-4600 FAX: 03-3518-4602
https://www.jpcert.or.jp/

 

※ここまで

早急なご確認と対策をお願いします。

なお、当社が製作にかかわる「脆弱性TODAY」につきましても、引き続きましてよろしくお願い申し上げます。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems