ニュース

News

2018年3月1日

【NICT/ダークネット観測DATA】NICTER観測レポート2017の公開

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)さんから2月27日、「NICTER観測レポート2017」が発表されています。

NICTさんによるダークネット観測網が検知する攻撃はIOT機器への攻撃が、上位の半数以上を占めているようです。

※Webカメラなどに使用される「23/TCP」が38.5%

※モバイルルータやSSH認証サーバに使用される「22/TCP」が6.1%

※Windowsサーバサービスに使用される「445/TCP」が5.0%

また、2017年は前年比で1.2倍、この10年で20倍以上のパケットを観測している、という数値の伸びが気になります。

※上記グラフはNICTさんサイトから(詳細もこちらのリンクから確認いただけます)

2018年はさらにサイバー攻撃は増えてゆくことが予想されます。

最低限のサイバー攻撃検知、防御には引き続きましてイージスをよろしくお願い申し上げます。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems