ニュース

News

2018年10月11日

【Zaif/事業譲渡】テックビューロ、フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡で合意

9月14日に70億円余りの不正送金が行われた仮想通貨交換所「Zaif」。運営会社のテックビューロさんがフィスコさんへ事業譲渡されることが決定したようです。1ヵ月かかりましたね。

※以下ロイターさんより

[東京 10日 ロイター] – 9月に仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害を受けた問題で、運営会社のテックビューロは10日、フィスコ仮想通貨取引所との間でZaifの事業を譲渡する契約を正式に締結したと発表した。顧客への補償は、当初予定したフィスコからの50億円の金融支援ではなく、フィスコが調達済みの仮想通貨と日本円で行う。

※ここまで

顧客への補償が行われることが決定したようで、まずは良かったと考えます。この点、コインチェックさんが事件のときに「顧客補償ありき」という責任の取り方をしたことが「良き先例」になってくれていると考えます。

未だ11月22日の事業譲渡以降の細かいスケジュールが出ていない点が気になりますが、引き続き本件もウォッチして参りたく存じます。

一覧に戻る

© AEGIS Security Systems