導入企業さまの声

Client`s Voices

レンタルサーバー・ホスティング事業で20年に渡る幅広い実績を誇るカゴヤ・ジャパン株式会社。
トップクラウドWAFイージスをすでにご活用のこちらの企業様に、
イージス採用の決め手や導入後の感想などをお伺いしてきました。

かゆいところに手の届くサービスで、対応面・使い勝手面でイージスに代わるものはありません。

カゴヤ・ジャパン株式会社
営業本部長
大村 甲司 様
Koji Omura

QクラウドWAFイージスを採用する決め手はなにでしたか。
A高い技術レベルで「かゆいところに手の届くサービス」が当社サービスとマッチしました。 カゴヤ・ジャパンのエンドユーザ様は、ウェブ制作会社さんが大多数です。しかしながら、お客様に「WAF」に関しての知識が無い、といった現実がありました。
WAFへの知識や情報がない、ということは、サイバー攻撃をされている事実についても、知識や情報が無い、と言い換えることもできてしまうと思います。
WAFの提案を行う、ということは、サイバー攻撃の事実、つまりはインターネット利活用のリスクをお客様にご理解いただくこと。
そして、サイバー攻撃を未然に防ぐ「リスクコントロール」のご提案を、ホスティング事業者としてお客様に行うことだと思っています。
・サイバー攻撃の可視化によって、WAFの必要性をご理解いただけるご提案が可能である
・カゴヤ・ジャパン同様に「技術レベルの高い国内ソリューション」であり、「かゆいところに手の届くお客様対応が可能な」イージス
が当社サービスとマッチングした、という点が採用の理由です。
その後も現在に至るまで、イージスの競合他社からの営業はもちろんいただくこともあるのですが、対応面、使い勝手面でイージスに代わるものはない、と考えています。
そういった意味で、カゴヤ・ジャパンのイージス営業スタンスにブレはございません。
Qセキュリティ観点から見たカゴヤ・ジャパン様のアドバンテージとは。
Aセキュリティレベルの高い国内データセンターが価値だと思っています。
カゴヤ・ジャパンのデータセンターは、水害や地震への対策を考えた京都のセイフティな地盤にございます。
京都府内には22の断層があると報告されていますが、断層を避けた強固な地盤の上で、かつ、付近の一級河川からも50メートルの高台に設置されています。
当データセンターエリアにおいては1928年以降の90年間、震度6以上の地震は記録されておらず、京都府発表のデータでは、今後30年間の大地震発生確率は0~5%と試算されています。
今年の関西地域は相次ぐ台風の上陸で関空が使用不能になったり、高槻の地震の後も停電があったりしましたが、当社データセンターは何の問題もなく運営が続けられました。
やはり1,000年以上前に建立された神社仏閣が残る「京都」という立地の強みはあるかと思います。

自社でデータセンターを持つ強み。
また、自社でデータセンターを持つ、という強みを最大限に活かすことで
・自由度を求められるお客様に対して、柔軟にホスティングサービスを提供させていただくことができる
・「自由度」はホスティングサービスのみならず、ソリューションセールス部門も同様に行える(プッシュ型で営業展開ができる)
・地場にデータセンターを構えているからこそ、地元や関西地区のお客様に対して小回りが利く営業展開ができる
といった「かゆいところに手の届く」サービス展開を行ってゆける、今後もそういったサービスを拡充してことができることが、自社データセンターを持つことの強みです。

Amazonなど海外事業者に対する強み。
データセンター事業者として、サービスが重なる部分は当然ございますが、「高セキュリティ立地」「シンプルなサービスでお客様の手を煩わせない」「リーズナブルである」といった部分については当社にアドバンテージがあると考えています。
大きなサービスを組み合わせてウェブシステムをゼロから構築する際などは海外サービスがお得なこともあるかと思いますが、費用を押さえて手軽にウェブシステムを提供する場合は当社を選ぶなど、お客様にも「選んで」いただく時代が来た、ということではないでしょうか。
最近は、海外サービスがやはり高かった、解りづらかった、担当者の顔が見えない、などの理由から、当社サービスを再契約されるお客様も増えています。
また、これも最近の事例なのですけれども、海外勢サービスによって採算の取れなくなったホスティング事業者さんから、OEMで仕事を依頼されることも増えました。
例えば本業は回線事業だけれども、ホスティングをサービスとして付与しており、そのサービスは続けないといけないが運用フィーが高い、といった案件でお困りの事業者さんがいらっしゃれば、是非当社までご一報いただければと思います。
Qカゴヤ・ジャパン様の新サービス「フレックスクラウド」について教えてください。
Aベアメタルサーバーとクラウドサーバーの「いいとこどり」のサービスです。
詳しくはプレスリリースをご覧いただきたいと思いますが、大変ご好評をいただいている「カゴヤ専用サーバーFLEX」に新しく4タイプの「クラウドサーバー」プランを提供させていただくことになりました。
お客様にとっては、拡張性の高いクラウドサーバーご利用によるコストメリットを実感いただけることが大きいと思いますが、これまでご利用いただいている安定したパフォーマンスのベアメタルサーバーとの併用はもちろん、両者を用途に応じてお客様に選んでいただけるようにしたんですね。
こうしたご提案こそが、自社データセンター運営の「カゴヤならでは」の「痒い所に手が届く」サービスだと思っています。
オンプレ環境や他社環境からの移行も可能ですし、何よりも安心の定額制です。ご相談はお気軽にお願いします。

インタビュー一覧へ

© AEGIS Security Systems